Object Browser for SQLServer

| コメント(0) | トラックバック(0)


Object Browser for SQLServer
12月10日、Oracleの開発支援ツールとしてデファクトスタンダートとなっているSI Object Browserに
SQLServer版がリリースされました。新製品となるSQLServer版では、SQLServerのバージョン
2000?2008まで対応しており、高パフォーマンスで、さらに開発者を支援する独自機能により、
開発生産性を飛躍的に向上させることが可能とのことです。
 
Object Browserとは
Object Browserを簡単に表現すると、データベースを簡単に操作するためのツールです。
ソフトウェアを開発する際にデータを格納するためには、データベースを作成したり、操作する
必要があります。
データベースを利用するためには、OracleやSQLServerなど、データベースごとの操作方法や
データを格納したり操作するための「SQL」という共通の言語を習得する必要があります。
 
通常、これらの作業をするために、データベース製品にも独自のツールが付属します。
(SQLPlus、EnterpriseManager、osql、Management Studioなど)
 
Object Browserは、これらのツールよりも、より効率的に、よりハイパフォーマンスで
処理ができるようになっている、開発作業を支援するためのツールです。
 
 
おもな機能
SQLServer版でも、Oracle版のほとんどの機能がそのまま搭載されています。
 
  • 各オブジェクトの作成
  • SQLの実行
  • ストアドプログラムの実行
  • 各種DBA機能
  • レポート出力機能
  • データ生成ツール
  • インデックスアドバイザ
  • コメントチェック
  • SQLキャッチ
  • テーブルアクセス表
  • マトリックス表
  • オブジェクト比較

etc

機能の詳細はこちらをご覧ください

 

比較

SQLServerに付属する標準のツール「SQL Server Management Studio」との

違いの比較については以下のように述べられています。

  • サクサク使える(ハイパフォーマンス) ※約5倍のパフォーマンス
  • 使い心地が良い(ユーザビリティ) ※かゆいところに手が届く
  • 直感的にわかる(優れたインターフェイス) ※すぐに使いこなすことができる
  • 生産性アップ(開発の自動化、省力化) ※開発生産性を大きく向上

 

トライアル版

Object Browser for SQLServerには、

30日間、機能制限なしで利用できるトライアル版が用意されています。

Ver.1.0.0.0 のトライアル版はこちらからダウンロードできます。

 

価格

価格については、1ライセンスで、48,825円と、Oracle版と共通の価格となってます。

個人ユースとしては少し高めな設定ですが、Oracle版でいえば使い勝手も抜群で、

ずっとデータベース開発の支援ツールのデファクトスタンダードの地位を占めてるので、

SQLServer版についても期待はできそうです。

両バージョン使おうとすると価格が倍かかってしまうのは辛いですが...。

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://pg2se.com/mt6/mt-tb.cgi/11

コメントする