Windows7 情報

| コメント(0) | トラックバック(0)


Windows7(ウィンドウズ・セブン)

マイクロソフトの次期OSは、開発コードネーム"Vienna(ヴィエナ)"という名前で

開発されており、Windows Vista をベースとされている。

20081222_02.jpg

 

リリース予定は2010年初頭とのことなのでまだ1年以上先になりそう。

インターフェイスなどの見た目は、おおむね、Vistaを継承しているように思われるが、

変更点など、分かった範囲で紹介します。

※開発中なので機能・インターフェイス等はリリースまでに変更される可能性があります。

 

機能・インターフェイス

インターフェイスでの大きな変更点はタスクバーの改良による、ユーザビリティの向上がある。

タスクバー上のタスクの一覧が、完全なボタン型(クイックランチやタスクトレイのような感じ)の

表示に変更されるとのこと。

複数のタスクがある場合は、そのアプリケーションのタスクボタンを押すことでサムネイル表示

されるようになっている。これがユーザビリティの向上に繋がるかはちょっと微妙な感じ...。

 

機能的には、メモリ管理の強化、DirectXの改善が挙げられる。

メモリ管理では無駄なキャッシングをおこなわず、できる限り実装メモリを使用するようになり、

Vistaに比べて消費メモリは少なくなる予定。

また、DirectXでは、Direct3D 11 と、Direct2D を新たに搭載し描画機能を強化。

 

その他の変更点としては、

不評となっているUAC(ユーザ・アカウント制御)の機能について、有効になっている場合でも、

セキュリティレベルを段階的に変更することが可能になっている。

またセキュリティやシステムのメンテナンスの一括管理をおこなうための、Windows Action Center

(ウインドウズ・アクション・センター)が通知領域に搭載される。

 

エクスプローラでは、ナビゲーションがさらにカテゴリ化され、ユーザデータは、"ライブラリ"という

項目に集約されたり、電子メールの検索を助ける、"Communications"という項目、また各種

の主要デバイスが簡単に確認できる"Device and Printers"という項目がある。

 

今後の予定

先に書いたように、リリースについては、2010年初頭になる予定だが、

2009年末には、開発者向けのベータテスト版がリリースされる予定。

今のところ、大きなインパクトがなく、市場的にも成功するのか少し疑問に感じるが、

いかがなもんでしょうか?

まだ、1年以上あるので"これから"というところでしょうか...。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://pg2se.com/mt6/mt-tb.cgi/10

コメントする