Linux版「Silverlight」 Moonlight 1.0リリース

| コメント(0) | トラックバック(0)


Silverlight

マイクロソフトが推し進める、RIA(Rich Interactive Application)技術です。

Silverlightの主な特徴としては、

  • マルチプラットフォーム、クロスブラウザでの対応可能
  • .NET対応言語で開発可能
  • DRM(著作権対応メディア)対応のメディア再生機能
  • HTML埋込み型でブラウザのプラグインとして動作
  • デザイナーと開発者の共同・平行作業(作業の分離)が可能

※現在は、Silverlight2.0がリリースされている

http://www.microsoft.com/japan/silverlight/

 

Moonlight1.0

MoonlightはUNIX、Linuxのプラットフォームで動作可能な、Silverlightのオープン

ソース実装であり、「Moonlight1.0」がリリースされた。今回のリリースは、

Silverlight2.0には完全対応できていないが、既に、Silverlight2.0に対応した、

テストビルドを進めているとのこと。

http://www.go-mono.com/moonlight/

 

Adobe Flash

Silverlightは、Adobe Flashに対抗する技術としてマイクロソフトが開発してきており、

ブラウザ上でアニメーション・マルチメディアなどのリッチコンテンツの再生を可能に

する。そして、Moonlightは基本的に、このSilverlightを使って作成されたコンテンツ

をUNIXまたはLinuxベースのシステム上で再生可能にする技術である。これまで、

FlashコンテンツはUNIXやLinuxシステム上でも再生可能だった。

 

Flashの技術をベースとして動作させることができるRIA(Rich Internet Applcation)

を開発可能なフレームワークとして、Adobe Flexがあり、Silverlightとシェアを争う

ことになる。

http://www.adobe.com/jp/products/flex/

 

個人的には、やはり古くからスタンダードになっている、Flashに分があるのではと

感じているが、Visual Studioでどれだけ手軽にコンテンツを作成できるかで、

今後の発展が期待できると思う(C#での開発には興味があります)

 

また、Adobeは、ブラウザ上でのRIAだけでなく、デスクトップ環境向けのRIA技術、

Adobe AIRもリリースしており、RIAの分野に力を注いでいる。

http://www.adobe.com/jp/products/air/

 

また上記以外の、RIA技術として、JavaFXや、AJAX、Curlなども存在する。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://pg2se.com/mt6/mt-tb.cgi/25

コメントする