CakePHP ポケットリファレンス

| コメント(0) | トラックバック(0)


 

CakePHPポケットリファレンス

著者:株式会社ブルーオーシャン 岡田佳典

発行日2008年7月25日

発行者:片岡巌

発行所:株式会社技術評論社

447ページ

2,480円+税

 

内容

話題のフレームワーク、CakePHPでWebアプリケーションを高速開発!

 

  • 困った時にすぐに調べられる
  • メソッドや関数の使い方をサクッと逆引き
  • CakePHP1.1/1.2に対応
  • わかりやすいサンプルコード付き

 

第1章 インストール編

第2章 設定編

第3章 モデル編

第4章 コントローラ編

第5章 ビュー編

第6章 コンポーネント編

第7章 ヘルパー編

第8章 キャッシュ編

第9章 Sanitizeライブラリ編

第10章 アクセスコントロールリスト編

第11章 プラグイン編

Appendix 資料

 

ポイント

CakePHP1.1/1.2の両方に対応したリファレンスマニュアルです。内容については簡潔にまとめられ、カテゴリ毎にわかれて記述されているため開発の際に調べるのに役立ちそうです。サイズとページ数についても手頃な印象です。

機能的にも多くの内容が書かれており通常の開発の際に必要となる項目は網羅されているのではないでしょうか?ただしCakePHP1.2については、発行の時期的な兼ね合いもあり、一部がリファレンスとして書かれていない状態です。その内容については、巻末の資料欄に詳しく書かれています。

リファレンスや、CakePHPの命名規約、QAなど実際にCakePHPで開発をする際に参照するのに便利な内容となっていますが、CakePHPのフレームワークを利用したアプリケーション開発の手順については触れられていないため、書籍を読むだけで、CakePHPでの開発手法を学ぶというのは難しいでしょう。

CakePHPが影響を受けているフレームワーク「Ruby on Rails」の開発の経験者や、Struts,Struts2などのWebアプリケーションフレームワークの動作について理解している場合はイメージがつきやすいとは思いますが、CakePHPの開発手法に関しては別途書籍で学ぶほうがよいでしょう。

 

下記のように新しい書籍もどんどん発売され、PHPのスタンダードなフレームワークとしての地位を築いていきそうです。( ※2009年3月15日現在の新刊では以下が発売されています。)

CakePHPによるWebアプリケーション開発

 

また、2009年3月15日予約受付中ですが上記と類似の書籍が発売されます。

CakePHPによる実践Webアプリケーション開発

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://pg2se.com/mt6/mt-tb.cgi/30

コメントする