Google App Engine for Java を利用する

| コメント(0) | トラックバック(0)


Googleのインフラでウェブサービス(ウェブアプリケーション)が利用できる、

「Google App Engine for Java」が2009年4月に遂に公式発表された。

(最初の言語としてにPythonが2008年に公開されています)

 

スクリプト言語ではなく、JavaのWebコンテナ上でのバイトコードでの動作が

提供されるのは驚きです(もちろんセキュリティ上の制限はあるようです)

 

JSP、Servletはもちろん、JavaVMで動作することから、JRuby、Jython、Groovy、

Scala、Quercusなどを利用して、各種スクリプト言語も動作させることができそうです。

 

まずは、「Google App Engine for Java」を利用するまで進めてみたいと思います。

 

1.必要な環境

  Eclipse3.3、または、Eclipse3.4

  Google App Engine のアカウント

  ※インストール・取得方法は割愛します。

 

2.Eclipseへのプラグイン追加

    • [ヘルプ]-[ソフトウェア更新] メニューを開きます。
    • [使用可能なソフトウェア] タブを選択し、[サイトの追加] ボタンを押します。
    • [ロケーション] に、次の内容を入力し、[OK] ボタンを押します。
    • [Google Updates Site for Eclipse] が追加されるので、チェックボックス
      に、チェックを入れ、[インストール] ボタンをクリックします。
    • [次へ]で進み、ライセンス確認をすると、インストールが開始されます。
      ※インストール後、Eclipseを再起動をするようになります。
    • Eclipseのツールバーに、次のような、Google App Engine のツールが
      表示されていると準備完了です。
    • 20090705.jpg 

 

3.プロジェクトの作成

    • Google App Engine ツールの、左端のボタンをクリックすると、
      新規プロジェクト作成のウィザードが開始されます。
    • [Project Name] [package] を任意で指定して、[終了] ボタンを押します。
      ワークスペースに、[Project Name] で指定したプロジェクトが作成されま
      す。

 

4.プロジェクトの実行

    • ワークスペースの、プロジェクト名を右クリックして表示されるメニューの、
      [実行]-[3.Web Application] をクリックします。
    • ウィンドウが2つ起動されます。
      a)AppEngine server ...デバッグ実行用のサーバコンテナ
      b)デフォルトアプリケーションの画面(簡易ブラウザ)
    • デフォルトアプリケーションはGWTで実装されたAjaxのサンプルです。
      ->ボックスに入力し[Send]ボタンを押すとAjaxでメッセージが表示されます

※このデフォルトのソースを変更して、自分のアプリケーションを開発していきます。

※[デバッグ]メニューで実行すると、クライアント、サーバどちらもデバッグできます。

※簡易ブラウザでなく、同じURLをほかのブラウザに入力しても実行できます。
   ->コンパイルが必要です(ツールの真ん中のボタンをクリック)

 

5.アプリケーションの公開(デプロイ)

    • Google App Engine のアカウントを取得してログインします。
    • [Create an Application] ボタンを押します。
    • [Application Identifier] [Application Ttitle] を入力し、[Save] を押す。
      ->IDはGoogle Appspotのサブドメインなので世界でユニークな設定になります
    • 次に、Eclipseの設定です。ワークスペースのプロジェクトを右クリックし、
      [Google]-[App Engine Settings] メニューを開き、以下を入力します。
      [Application ID]-> 先に設定した[Application Identifier]を入力します。
      [Version]-> ユニークな番号を指定し、[OK]ボタンを押します。
    • デプロイを実行します。同じく[Google]メニューから、[Deploy to App Engine]
      を選択するか、ツールの右端のボタンを押します。
    • Google App Engineで登録した[Email]、と[Password]を入力し、[Deploy]
      ボタンを押すとデプロイが実行されます。
    • [コンソール] ウィンドウの最後に"Deployment completed successfully"
      と表示されればデプロイの完了です。

 

6.アプリケーションの実行

    • アプリケーションはインターネットを通じて、世界中に公開されます。
    • 公開されるアドレスは、http://[Application Identifier].appspot.com/ です。
      ->[Application Identifier] は、先に設定したIDです。
      ※ちなみに私の場合、http://appcontents.appspot.com/ で公開してます。
      ※GWTのUIを利用する際に日本語を設定すると文字化けしますので、
      ソースコード(リソース)の設定をUTF8にすると回避できます。


以上、Google App Engine for Java を利用する方法を書きました。

※とっても簡単にGoogleのインフラを利用したWebアプリケーションの開発ができる

ことが分かってもらえたかと思います。

 

JavaVMの環境が提供されているので、これを利用して、様々なサービスを

提供できる可能性が広がっています!!

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://pg2se.com/mt6/mt-tb.cgi/39

コメントする