2009年8月アーカイブ



プログラマの道具箱

 

編著者:イノウ

発行日:2009年7月5日

発行者:片岡 巌

発行所:株式会社技術評論社

178ページ

1,580円+税

 

内容

図解 ビジネスの現場

マンガとキャラが楽しく解説!

素人でも、システム開発の思考の道具、わかります!

  • 序章 基本
    プログラマの道具 基本
  • 1章 分析
    DOAによる分析
    OOAによる分析
  • 2章 設計
    DOAによる設計
    OOAによる設計
  • 3章 開発
    DOAによる開発
    OOAによる開発
  • 4章 テスト
    単体・結合のテスト
    システム・受入のテスト
  • 5章 基盤と部品
    プログラマの道具 基盤と部品

 

ポイント

システムの分析、設計、開発などの各工程で必要になる手法やドキュメントを

"道具箱"と表現して、それぞれの道具を解説しています。

各工程での道具について出来る限り多く、網羅的に取り上げようとしており、手法に

ついても、DOA(データ中心アプローチ)、OOA(オブジェクト指向アプローチ)それぞれを

解説しようとしています。

個々の説明については深くはなく、トータルとして浅く広くという印象です。

また、多くの項目を解説しようとしているので、システム開発の一連の流れを学ぶための

書籍というよりも、用語解説という印象も受けました。

おおまかな知識の習得という目的で読めば良いのではないでしょうか。

内容は読みやすく書かれてはいますが、"マンガとキャラが楽しく解説"というところは少し

言いすぎです。マンガは最初の数ページのみ、キャラが解説と言っても、ところどころに

イラストが挿入されている程度です。