オープンソース給与・勤怠システム「MosP」

| コメント(0) | トラックバック(0)


2009年9月7日、オープンソース給与・勤怠システム「MosP」の

フレームワークとAPIが公開された。

MosPは、Mind Open Source Project の略で、「モスプ」と呼ぶ。

 

MosPはマインドが開発し公開しているJava Webアプリケーションであり、

Strutsと同様にMVCアーキテクチャをとる構造となっている。

 

画面サンプル

mosp0.jpg

mosp1.jpg

 

フレームワークの特徴

Action基本クラスは簡易ワンタイムパスワード機能や認証情報確認機能等を備えて

おり、データベースにアクセスするためのクラスとしてDaoとDtoクラスがある。

またjOpenDocumentを利用したOpenOffice.org帳票作成クラスと、Apachi POIを

利用したMicrosoft Excel帳票作成クラスがある。OpenOfficeまたはExeclで作成

したテンプレートに値を埋め込んで帳票を作成できる。

 

ドキュメントとして、アプリケーションの作成方法を記述した「MosPフレームワーク

手順書」と、APIのドキュメントが用意されている。 また、開発者向けにコミュニティ

MosP Developer's Communityを開設されており、情報を入手することができる。

 

標準機能(給与計算)
・SaaS基盤対応    ・賞与計算
・勤怠データ取込   ・個別賞与計算
・給与計算       ・賞与情報一覧
・個別給与計算    ・賞与明細出力
・給与情報一覧    ・賞与データ出力
・給与明細出力    ・社員賞与情報管理
・給与明細出力    ・賞与項目管理
・給与データ出力   ・MosP連携
・社員給与情報管理
・給与計算情報管理
・給与項目管理

標準機能(勤怠管理)

・SaaS基盤対応    ・個人情報登録
・出勤入力       ・MosP連携
・退社入力
・休暇入力
・有休管理
・確認変更
・承認機能
・帳票印刷
・スケジュール登録
・エクスポート
・基本情報登録

 

勿論、業務としてMospを採用するのは、それぞれの会社や、個人個人で、

意見は分かれるだろうが、オープンソースでどのように、給与システムや

勤怠管理システムが作られているかは技術者としては気になるところです。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://pg2se.com/mt6/mt-tb.cgi/41

コメントする