絶対現場主義 Visual C# 実践講座

| コメント(0) | トラックバック(0)


絶対現場主義Visual C#実践講座

 

著者:丸岡 孝司 

発行日:2007年7月25日

発行者:黒田 康夫

発行所:株式会社ラトルズ

411ページ

2,600円+税

 

内容

開発の現場から生まれた実践テクニック&TIPS集。

"Visual C# プログラミング"という大海原をひとりゆくプログラマのために。

  • Chapter1 .NET FrameworkとC#プログラミング
    Visual Studioの使い方、C#コーディング方法、C#のデータ型、制御構造
    などの言語仕様に関するテクニックやTIPSを収録。

  • Chapter2 Windowsアプリケーション
    Windowsフォームやコントロールを使用した、Windowsアプリケーション
    作成のテクニックやTIPSを収録。

  • Chapter3 データベース処理
    .NET Frameworkにおけるデータベース処理に関するテクニックやTIPS
    を収録。

  • Chapter4 Webとネットワーク
    .NET Frameworkにおけるネットワーク処理について簡単に紹介。

 

ポイント

職場で一緒に仕事している人からのお勧めの一冊。借りました。

現在、C#のプロジェクトを一から作り始めて進行中なので、フレームワーク

作りの参考にしました。

 

タイトル "絶対現場主義" にもあるように、実際に現場で開発をする人たち

にとって役立つ内容となっています。

 

特に、C#プロジェクトはまだあまり経験がないけど、こんな感じでいいのかなぁ

とか、Javaのプロジェクトは経験したけど、C#ではどうするべきか・・・(悩)とか、

昔ながらのVBスタイルのプログラムは書けるけど、C#ってオブジェクト指向が

ベースだし、クラスとか、継承とか、カプセル化もいまいち良くわかんないよなぁ

とか・・そんな悩める人たちの手助けになると思います。

 

書き方も、従来の単純な解説書やリファレンス、TIPS集などとは違い、いちいち

現場目線での解説(こういう背景だからこんな疑問が発生し、こう解決すれば

良いのでは?スタイルでの記述)がされており非常に読みやすくなっています。

例示されているシーンも、一度は誰もが悩んできたであろう内容で納得できます。

(その分、普通のTIPS集では1ページで書かれている内容が3?5ページかけて

解説されていたりしますが・・)

 

特に、Windowsアプリケーションでは、開発のフレームワークをどうするべきかや、

コントロールの拡張方法、共通化などについても詳しく書かれていますので、

実際のプロジェクトの参考にできると思います。

 

最後に、Webアプリケーションの事については紹介として少しだけ解説されて

いますが、つい先日、この書籍の、"Webアプリケーション編"が出版されたよう

ですので、紹介だけしておきます。※私は.NETだと、APS.NET MVCの方に

興味があるため、こちらの書籍(MVCについては触れられていなさそう?)

なので購入するかどうかは今のところ未定です。

 

 絶対現場主義Visual C#実践講座(Webアプリケーション編)

 

  

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://pg2se.com/mt6/mt-tb.cgi/45

コメントする