Windows 7 完全移行マニュアル

| コメント(0) | トラックバック(0)


Windows7(ウィンドウズ・セブン)の一般発売日が日本語を含み、

2009年10月22日、14ヶ国語対応で同時発売となっている。

 

初期の開発コードネームは「Blackcomb」と呼ばれており、

のちに「Vienna」]、さらに「Windows 7」に改められている。

社内開発コード名がそのまま製品版の名称として採用された。

 

7(セブン)の由来は想像が容易かもしれないが、

Windows 1.0 / Windows 2.0 / Windows 3.x / 4.x (95, 98, 98 SE, Me)

5.x (Windows 2000, Windows XP) / 6.0 ( Windows Vista ) に続く

7番目のクライアント向けのメジャーリリースだからである。

 

しかし、Windows 7はWindows Vistaを基に改良されていることから、

バージョン番号としては、正式には6.1となっている。

Vistaと同様、Windows 7も個人向けおよび法人向けの両バージョン、そして

リテールパッケージ版には32ビットと64ビットの両バージョン同梱で出荷される。

 

今回は、Windows7購入後の環境の移行作業ついての詳細な記事が掲載されて

いたので紹介します。

 

XP/Vista→Windows 7 完全移行マニュアル

 

 残念ながら、Windows XPからWindows 7への上書きアップグレードは

サポートされていないようなので、手動による移行作業が必要になる。

 

また、Vistaからユーザ別のドキュメント等のファイルの保存場所が変更に

なっているため、いざ環境の移行作業をしようとした際に戸惑うのではない

でしょうか?

 

事前に上記の記事を読んで、概略でも理解しておきたいです。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://pg2se.com/mt6/mt-tb.cgi/46

コメントする