Windows 7 新時代 - Vista から進化した新しいユーザー・インターフェイス

| コメント(0) | トラックバック(0)


Windows7がCMで放送され注目を浴びていますが、
IT業界で働く者にとっても、新しいOSの技術・機能を
理解し学んでいくことは大切です。

Vistaから進化した新しいユーザー・インターフェイス
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win7/04newui/04newui_01.html


特に、Windows7では、見た目はVistaと大きな違いがない印象が
あるかもしれませんが、細かなところでたくさんの部分がブラッシュ
アップされているだけでなく、機能強化、機能追加されています。

パフォーマンスもVistaよりも断然良くなって(XPと比べても遜色なくなって)
いるので、今後、XPに代わるOSとして普及が予測されるのではないでしょうか?

Windows7の特徴を少し抜粋すると、

・ジャンプリスト
・新しいタスクバー
・新しいアプリケーションの切り替え/整列
・新しいアプリケーションの最大化/最小化
・ウィンドウのスナップ/シェイク
・デスクトップの透明化
・ガジェットの自由な配置
・通知アイコンの強化/通知メッセージの共有化
・UACレベルの切り替え
・ライブラリ機能

となっています。


IT業界に視点を置くと、こういったOSの進化に、開発する
アプリケーションをどのように進化させていくか、連携させて
いくかを考え、付加価値の高い商品を生み出さないと、
どんどんと時代の波に取り残されることになります。

開発ツールのバージョンアップの中でも、こういったOSの進化に
追随する機能がたくさん盛り込まれています。

例えば、Delphiでは、Delphi2009で完全にユニコード対応になり、
ジェネリクス、無名メソッドなどの新しい言語仕様、Office2008で
採用されている新しいインターフェイスに対応した、リボンコントロール
が追加されたり、今秋発売された、Delphi2010では、Windows7の
シェイク機能を意識した、ジェスチャーコントロール(マウスの動きに
合わせてイベントを発生させる)などが導入されています。

新しい技術の全てを理解し、開発するアプリケーションに取り入れる
必要はありませんが、少なくとも、開発するアプリケーションが陳腐化
しないようにバージョンアップ、メンテナンスをおこない、いつでも、
新しい技術を取り入れられるようにスケーラビリティを確保することが
大切ではないでしょうか?

そのためにも普段からの技術力向上のための取り組みは必須です。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://pg2se.com/mt6/mt-tb.cgi/50

コメントする