2010年2月アーカイブ



 Google App Engine for Java「実践」クラウドシステム構築

 

著者: 株式会社グルージェント

発行日: 2009年10月10日

発行者: 片山 巌

発行所: 株式会社技術評論社

310ページ

2,480円+税

 

 内容

Googleのスケーラビリティを案件で使い切る。活用の秘訣は、「制約」を正しく

理解すること。割り当てと制限、BigTableによるDB構築、課金のしくみ、

Google Apps、GDataとの連携、Memcache、Mail・・・API活用

 

ポイント

Window Azureサービスも開始され、クラウドサービスもビジネスだけではなく、個人的な

利用についても十分現実的なものになっていきている。Windows Azureも魅力的であるが

まだまだ情報も少なく、個人的に試してみるのは、まだ先かなぁと思う。

 

そんな中、やはり無料で使用でき、導入が容易、機能も豊富なサービスといえば、

Google App Engine for Javaでしょう。特にJava Webアプリケーションサーバの

実行環境が無料で利用できるというのは、Javaユーザにとっては、特にありがたい

でしょう(レンタルサーバでもJavaの実行環境が提供されるのは稀なので)

一定の使用量を超えると課金になるが、そこそこヘビーなアプリケーションでなければ、

制限を超えることはないと思う。ぜひ一度試してください。

 

本書では、こういった、サービスの基本的な内容、課金について、導入手順などはもちろん、

サービスの各機能の使用方法のポイントを、わかりやすく説明されているので、このサービス

の素晴らしさが実感できると思う。

 

とりあえず、触ってみたいという方は、Eclipse環境で導入可能なので以下参照してください。

http://pg2se.com/site/2009/07/google-app-engine-for-java.html

 

内容詳細

第1章 クラウド時代のシステムインテグレーション

1.1 クラウドコンピューティング

1.2 Google App Engine

1.3 Google App Engine for Java

 

第2章 制約

2.1 Quota(割り当て)とLimit(制限)

2.2 Java APIに対する制約

 

第3章 クラウド時代のシステムインテグレーション

3.1 GAEアカウントの作成とデプロイの準備

3.2 開発環境の構築

3.3 アプリケーションの作成とデプロイ

3.4 アプリケーションの設定

3.5 アプリケーションの管理

 

第4章 データストア

4.1 BigTable

4.2 JDOによるデータストアの操作

4.3 インデックス

4.4 トランザクション

4.5 JDO以外のデータストアAPI

4.6 データストア設計上の注意点

 

第5章 サービスAPI

5.1 Memcache API

5.2 URLフェッチ API

5.3 Images API

5.4 Mail API

 

第6章 テスト

6.1 ユニットテスト

6.2 ローカル環境でのテスト

6.3 実環境でのテスト

6.4 パフォーマンスの確認

 

第7章 GAEが提供するサービスとの連携

7.1 GAEが連携可能なGoogleアプリケーション

7.2 アカウント認証サービスとの設定

7.3 Google Calendarとの連携

7.4 GAE/Jアプリケーションを独自ドメインで運用

7.5 Secure Data Connector

 

第8章 追加リソースの購入

8.1 Billingの体系

8.2 Billingの設定

8.3 課金量の予測