続 Struts 2入門

| コメント(0) | トラックバック(0)


CodeZineで、Struts2入門(1)?(8) の続編、

続 Struts 2入門が始まりました!!

 

Strutsは以前から利用しているので、Struts 2になった今後も是非とも

発展し続けていってほしいと思う。

自分自身でもStrtuts2でWebアプリケーションを作っているので、

いろいろと情報発信して、Struts2の発展に貢献できればなと思う。

 

Strutsの時よりも、情報源が少なく感じ、なかなか活用しきれていない

面があるので、こういった連載が始まるのはありがたい!!

記事を見てもらうほうが詳細に理解できますが、さわりだけわかれば

良い方は以下を参照してください。

 

続 Struts 2入門

基本機能のおさらいから2.1系で採用された機能の説明や実装例を紹介

(1)Struts 2の同期処理を手助けするExecuteAndWaitインターセプタ

 

処理に時間がかかるActionクラスの処理状況を監視し、その結果を自動的に

判断するためのExecuteAndWaitインターセプタの使用例を解説。

 

Actionクラスにはメインのロジックを記述するだけで、あとは設定のみで、

同期処理を実現することが可能になります。

 

具体的な手法としては、

ブラウザの自動リフレッシュ機能を利用し、Actionクラス内の時間の

かかる処理を、自動で途中中断して、リフレッシュを設定したページを表示。

(Actionの実行は継続されセッションに維持される)

 

再度リフレッシュしてサーバにアクセスすると、中断したActionの状況を

再度監視できるようになっている。

まだ処理中の場合は、再度リフレッシュページへ、処理が完了した場合は

完了用のページが表示されるという仕組みです。

 

これらを、上記のExecuteAndWaitインターセプタ(アノテーションの機能)

を利用することで設定をおこなうことで、簡単に利用することができます。

 

インターセプタ(汗)

まだぜんぜん利用できていないので、実用できるように勉強します。

次回もインターセプタの機能についての記事のようです。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://pg2se.com/mt6/mt-tb.cgi/57

コメントする