iPhone/iPad & Android プログラミング入門

| コメント(0) | トラックバック(0)


編者:日経ソフトウェア

発行人:桔梗原 富夫

編集長:田島 篤

発行:日経BP社

178ページ

1,886円+税

 

内容

2010年10月2日にHTC Desire(X06HTII)が発売されました。

Android2.1搭載のスマートフォンで、iPhone4に次ぎ、評判は上々のようです。

さすがにiPhone4の勢いほどではないけど、アプリケーションの開発という点では、

より柔軟・オープンであり、今後に期待できます。

 

さらにHTC Desire(X06HTII)は、2010年10月8日には、Andoroid2.2へアップデート

可能で、加速度的にiPhoneを凌ぐ勢いとなりそうです。

 

さて、前置きが長くなりましたが、この書籍では、こういった状況を踏まえてかどうか、

アプリケーションの開発について、2大スマートフォン(もちろんIPhoneとAndroid)の

両方のプログラミングについて書かれた最新の書籍になります。

 

私の場合は、Mac環境、Apple製品を好んで利用しないため、必然的に、Javaでの

開発が手軽にできるAndroidとなった訳ですが、スマートフォンの開発については、

やはり、iPhone、Android両方の知識について理解する事も大切です。

 

この書籍ではタイトルのとおり、"入門"ではありますが、こうした2大スマートフォンの

アプリケーション開発について、両者を比較しながら、体系的に、手軽に学べるという

点では、とても有用なバイブルとなると思います。

 

日経ソフトウェアの過去の記事から作られているムック本ではありますが、

基本的な知識と、技術がしっかり学べると思います。

今の時代の、システムエンジニア、プログラマの基礎知識としても、

知っておくべき内容がたくさん詰まっていると言えます。

 

目次

 

第1章 作って楽しい!

  • Part1 iPhoneプログラミング入門 効率的に始めるための4大ポイント!
  • Part2 iPad専用のスプリットビューとポップオーバーでRSSリーダーを作る
  • Part3 Androidで作って楽しむ弾幕系シューティングゲーム
  • Part4 iPadプログラミング入門 高速動作と大画面を生かす!パーティクルによる電光掲示板アプリを作る
  • Part5 開発者が明かすニコニコ生放送のiPhoneアプリはこうして生まれた

 

第2章 Androidの基礎を極める!

  • Part1 最も重要な「Activity」を理解する
  • Part2 音声読み上げアプリケーションを作る
  • Part3 Intentで超簡単アプリケーション連携
  • Part4 実例で学ぶIntentの使い方
  • Part5 Androidの秘密兵器、Serviceを理解する
  • Part6 Serviceに独自のinterfaceを持たせる
  • Part7 データ共有に必須のContentProvider
  • Part8 アプリにContentProviderを実装する

 

第3章 達人への第一歩

  • Part1 16個のサンプルで一目瞭然高度な機能がすぐに使える!
  • Part2 最速で学ぶObjective-C メモリー管理をマスターすればObjective-Cがわかる!
  • Part3 最速で学ぶObjective-C GUIプログラム作成に必要な概念をマスターしよう
  • Part4 iPhone実践プログラミング 電子コンパスを使ったアプリを実機で動かそう
  • Part5 iPhone実践プログラミング MapKitで地図アプリを作ろう
  • Part6 Phone実践プログラミングGameKitを使ってBluetooth通信対戦ゲームを作ろう
  • Part7 Javaエンジニアから見たiPhone/Androidアプリ開発記

 

付録 開発環境のセットアップ

 

ポイント

2大スマートフォンのアプリ開発が同時にわかる!

世界的なブームとなっているiPhone/iPadとAndroidのプログラミングを同時に

学びましょう。iPhoneプログラミングの基本、Objective-C、iPadの画面サイズを

生かすアプリの作り方、Androidの4大構成要素(Activity,Intent、Service、

ContentProvider)、Androidで作る弾幕系シューティングゲームなど、多彩な内容

を詰め込みました。iPhone/iPadとAndroidの類似点と相違点を把握しながら学べ、

それぞれのOSに対する理解も深まります。

 

補足

iPhone/iPadの開発は、通常Mac上での開発となりますが、

C#環境でも開発することがが可能なようです(Mono環境)

これは、開発の生産性においても、Windowsプログラマにとっても、

とても可能性の広がる事だと思います。Appleの対応についても、

もっともっとオープンになればうれしいことです。

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://pg2se.com/mt6/mt-tb.cgi/68

コメントする