ASP.NET SignalRを知る

| コメント(0) | トラックバック(0)


ASP.NET 4.5新機能概説

(http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1303/08/news072.html)

でも触れられている、SignalRという新しい技術についての記事が

あったので紹介します。

Webアプリケーションは元々コネクションレスのクライアントサイドからの

一方的な同期通信が基本となっていました。

※これはHTTP(Hyper Text Transfer Protocolの略からもわかるように)

プロトコルの元々が、インターネット上のサーバに配置された文書や画像を

タグ付けされた情報(HTML)として取得し閲覧するという目的から成って

います(因みにHTMLXMLの前身としてSGMLというものがあります)

その後、HTTPHTMLはホームページ、掲示板、チャットというように

動的なコンテンツを扱うようになり、さらにネットショッピング

や情報検索サイトなどシステムという形で利用されるようになり、

企業内のイントラネットでも一般的に使われるようになっているのが

現状です。

前置きが長くなりましたが...

技術的な部分ではコネクションレスのクライアントサイドからの

一方的な同期通信から、JavaScriptによる動的な画面制御、Ajax等による

非同期通信によりリッチなWebアプリケーションが開発できるようになり、

さらにはWebSocketをベースとし、Sochet.IOなど高レベルなAPIも提供され

本題のSignalRについてはWebSocketはもとより、RPCを使用した、Hub

という高レベルなコネクション型APIが提供されています。

今後はこれらの技術の進歩により、コネクション型で非同期通信を利用する

ことにより記事の中でもあるようにサーバサイドからのプッシュ型のアプリ

ケーション開発も簡単に構築できるようになり、Webアプリケーションの

可能性がさらに広がると思われます。

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1303/19/news099.html

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://pg2se.com/mt6/mt-tb.cgi/82

コメントする