その他の最近の情報



Windows 10がリリースされて、無償アップグレードを既に

終わられている人もいるかと思いますが、私はまだ会社用に

使っているアプリケーションの対応状況が不明なので自宅のPC

も様子見をしています。


無償アップグレードはタスクトレイに表示される「無償アップグレード」

アイコンよりお手軽に予約できますが、

なんと「Window 10のダウンロード」ツールを使えば、Windows 10の

インストール用メディアをUSBメモリまたは、ISOファイルとして作成

することができるのです!


せっかくなので、USBメモリへインストーラを作成してみました。

手順は以下の通りです。まずは「Window 10のダウンロード」ツール

を以下よりダウンロードして実行してください。

※32ビット版、64ビット版の2つがありますが、インストーラを作成

しているPC(作業中のPC)に合わせた方をダウンロードします。


「Window 10のダウンロード」ツール


1.ツールを起動すると直ぐにインストールするかメディアを作成するか

聞いてくるのでメディアを作成するを選択して次に進む

1.jpg


2.言語・エディションを選択、アーキテクチャを選択します。アーキテクチャは

32ビットPC用のインストーラ、64ビットPC用のインストーラ、その両方から

選択します。

2.jpg


3.作成するメディアをUSBまたはISOファイルから選択しますが、今回は

USBメディアを選択しました。

3.jpg


4.PCに接続されたUSBドライブが表示されるのでインストールするドライブを

選択します。(USBを差し忘れ、認識しない場合はUSBを正し接続し、

「ドライブの一覧を更新する」リンクをクリックします。

※因みにUSBに保存されているファイルはすべて消去されますので

ご注意ください。

4.jpg


5.ダウンロードが開始されます

5.jpg


6.引き続き、Windows10のメディアの作成が始まります

6.jpgのサムネイル画像


7.作成完了

PCをUSBブート可能な設定にして立ち上げると、

Windows 10の新規インストールが始まります。

参考:作成したメディアからブートしてパーティションにインストールする

7.jpg


Windows10が今夏7月にもリリースと言う情報が出ていますが、

Windows7以降からのWondows10へのバージョンアップが無償(※条件あり)

という点も注目です。

個人としては無償で新OSを手に入れられるのは嬉しい限りですが、

企業としてはどう対応するかはリスクを冒してまでバージョンアップ

するかどうかは難しいところだと思います。

Windows10の新機能やパフォーマンスとの兼ね合いも考えて検討が必要だと思いますが、

Windows10の新機能にはクラウドのADへのサインインの機能もあり、クライアントOSが

Windows10に統一できるならADサーバをクラウドに環境に置くという選択肢も出てきます。

その他にも、Windows10が寿命の長いOSになるかどうかも重要だと思うので、リリース後、

少し様子を見ての対応になるのかも知れません。

まとめ読み・予想されるWindows 10のリリースインパクト

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1503/20/news058.html

タブレットでの利用を強く意識させるインターフェイスの

Windows8ですが、もちろん従来のインターフェイスでの

利用も設定を変更することで可能になります。

またインターフェイスの部分のインパクトが大きすぎて

他の部分の新しい機能や改善された機能が目立たないと

思いますがパフォーマンス面の向上が結構なされている

ようです。

その中のひとつにシステムの起動時間と終了時間があります。

もともとかなり高速化されたWindows7よりもさらに高速化が

されているようです。

表題の「高速化スタートアップ」についても、どのような

仕組みで動いているかも解説されていますので、知っておく

のも良いと思います。

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1303/21/news107.html

タイトルを見てキーワードは思い浮かびましたでしょうか?

Googleドライブ自体はワープロ、表計算等の文書のオンライン

での共有・共同編集を実現したものとしてずいぶん前に話題に

なり、多くの付加的な機能を備えていますが、近年の状況

からすると、キーワードは「オンラインストレージサービス」

になるでしょう。

オンラインストレージサービスとは、文字どおり、

ネット上に準備されたディスクを利用できるサービスです。

無料のサービスでもギガ単位のディスクを利用でき、

ブラウザ上で手軽にファイルのアップロード・管理が

出来るようになっていますが専用ソフトをインストールすれば

PC上のフォルダを扱う感覚でオンラインストレージサービスを

利用することもできます。

また特定のファイルを任意のユーザにダウンロードして貰うための

URLを提供したり、同じサービスを利用しているユーザ間でファイルの

共有をおこなえたり、非常にシンプルで使いやすい多くのサービスが

提供されています。添付ファイルの容量制限があるメールでのファイル

送信の代用として使われることもしばしばです。

代表的なサービスとしては以下のものがあります。

主にファイル共有を目的として

  • GoogleDrive
  • SkyDrive
  • SugerSync
  • DropBox

主にメールの代用として

  • 宅ふぁいる便
  • データ便

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1303/13/news105.html

802.11IEEE 802.11)とはご存知の通り、

無線LANの通信規格のひとつです。

今回新しく登場した802.11acは、まだドラフト段階ですが、

現在の最新の規格は802.11nでもう4年以上前の規格です。

現状ではまだ802.11nすら利用していないユーザも多いですが、

昨今のモバイル分野でのデータ通信の増加やマルチメディア化が

もっと企業の中にも取り入れられると現在の規格ではデータ処理

の能力は不足してくると思われます。

802.11acでは以下の分野で威力を発揮すると述べられています。

  • ワイヤレスディスプレイ
  • HDTVの配信
  • 大容量ファイルの高速アップロード/ダウンロード
  • メッシュネットワークのバックホール用途
  • アウトドア、大講堂
  • 工場でのオートメーション化

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1303/06/news008.html

規格の詳細については専門的な内容で難しいと思いますが、

以下の内容程度は理解しておくべきでしょう。

規格策定時期周波数帯公称速度
IEEE 802.11b 1999年10月 2.4 - 2.5GHz 11Mbps / 22Mbps
IEEE 802.11a 1999年10月 5.15 - 5.35GHz 54Mbps
5.47 - 5.725GHz
IEEE 802.11g 2003年6月  2.4 - 2.5GHz 54Mbps
IEEE 802.11n 2009年9月 2.4 - 2.5GHz 65Mbps - 600Mbps
5.15 - 5.35GHz
5.47 - 5.725GHz
IEEE 802.11ac 2013年12月 5.15 - 5.35GHz 290Mbps - 6.9Gbps
5.47 - 5.725GHz

システムや開発にかかわる会社で働いていても

普段の仕事で使うことは少ないかも知れませんが、

最近のトレンドな単語が例文と解説を交えて説明

されているのでわかりやすくて面白い記事でした。

  • BYOD ...仕事での私物機器利用
    Bring Your Own Device
  • ゲーミフィケーション ...ゲームの要素を盛り込むこと
    gamification
  • ソーシャルログイン ...Facebookなどのアカウントでのログイン
    social login
  • フラッシュモブ ...不特定多数の人たちの集合
    flash mobs
  • Wi-Fiダイレクト ...機器同士が1対1で無線通信すること
    Wi-Fi Direct
  • スマートグラス ...メガネ型の情報機器
    Smart Glass
  • スキューモーフィックデザイン ...現実の物の模倣
    skeuomorphic design
  • リモートプレゼンス ...離れていてもそばにいる感覚
    Remote Presence Device
  • フリーミアム ...基本は無料で割増なら有料
    freemium
  • ハイブリッドクラウド ...自社と公共の組み合わせ
    hybrid cloud

文例や解説などの詳細は、以下のページでご確認ください。

http://careerzine.jp/article/detail/2297

ここ数年でUX(ユーザーエクスペリエンス)という言葉を

良く聞くようになりましたが、システム開発に置いては、

UXUIと同様の印象を受ける人も多いのではないでしょうか?

本来の意味でのUXについてもわかりやすく書かれていますし、

UXUIIAについての違いもわかりやすく説明されていますので

一度読んでみてはいかがでしょうか?

特にIAという言葉はあまり馴染みがないと思いますので。

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1303/05/news014.html

一般的な業務システムにおいても、

現在ではWebシステムで開発する機会が増えていますが、

画面に表示するデータとデザインの部分は分けて

開発するという流れが基本です。

  • コードの可読性、メンテナンス性
  • 開発とデザインの分業の可能性

データ構造については、HTMLファイルに

デザインも指定できるが書かないのが基本

デザインについてはCSSファイルに書く

以上を踏まえ、基本の部分を解説してる情報があったので

基礎知識として知っておくべきでしょう。

HTML5+CSS3をベースにわかりやすく書かれています。

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1302/19/news013.html

発行日: 2011年1月1日

発行人: 伊藤 淳

編集人: 早坂 英之

発行所: 株式会社晋遊社

112ページ

980円(税込)

 

スマートフォンと言うと・・

永らく、Apple社のiPhoneの独占状態だったと思う。

それは昨年発売された、iPhone4の人気で確実なものに

なっていたのではないだろうか?

 

しかしながら、

2010年夏以降から年末にかけ、状況は大きく変わってきている。

まずは、ソフトバンク。

 

HTCの、Desire、Desire?で、Android2.1に対応し、

Android端末としての評判、人気も上々だったと思う。

 

そして、ソフトバンクからは立て続けに、

HTC DesireHD という、Desireのハイスペックモデルの

発売が発表される。

 

その後の流れは、多くの人の印象に残っていると思うが、

2010年冬に、AU、ソフトバンク、NTTドコモの順に、

Android端末の大量発表ラッシュとなった。

 

もちろん、iPhoneの売り上げに単独で勝てる端末はないが、

Android端末の売り上げ台数の合計は、iPhoneの売り上げ台数を

超えているとも聞いた覚えがあります。

これは、iPhone端末よりも、Android端末のユーザーが増えたことに他ならない。

 

私も、この状況を機会に、スマートフォンユーザになった一人です。

(もちろんAndroidユーザになった訳ですが・・・ softbank003SH ガラパゴス)

 

ポイント

 

実は、iOS、Android両方を体験し、

さすがに、iOSの完成度の高さには驚かされ、

そこだけ見ると、当然iOSに軍配かなと思いました。

 

ただ、システム開発に興味があるものとしては、

今後の発展性、オープンさ、コスト面を考えると、やはり、

AndroidOSであると思う。

AndroidOSもバージョン2.2になり、かなり使い勝手等の

向上がはかれているようだ。

 

今後、"アプリの開発"という視点で、

Androidについて情報の収集等おこなっていきたいと思う。

 

前置きが・・かなり長くなってしまったが、

本書は、こういった意味では、非常に有効な情報源となる。

 

現在の、アンドロイドマーケットではどのようなアプリが人気で、

どのような素晴らしい機能が実現されているのかが、カテゴリ別に

わかりやすく書かれている。

 

どのようなアプリが人気があり、今後どのようなアプリを開発し、

どのようなアプリが求められているかについての助けになると思う。

 

目次

 

◆Android Hardware 2010-2011徹底比較
Androidケータイ最新モデル完全チェック

2010 WINTER-2011 SPRING
◆現役スマートフォンスペック一覧

【Chapter1】最新ベストアプリカタログ2011
◆Android2.1&2.2App

【Chapter2】音楽・写真・動画を堪能する
◆Multimedia

【Chapter3】情報取得やコミュニケーションにフル活用
◆Internet

【Chapter4】仕事効率に差をつける有能アプリ
◆Business

【Chapter5】目的地を手軽に検索して迷わず移動
◆Navi GPS

【Chapter6】システム&設定を便利に
◆Utility

【Chapter7】バラエティに富んだユーモアアプリ
◆Others

◆Androidマーケットの基本的な使い方
◆有料アプリのダウンロード方法
◆アプリのアンインストール方法
  

Webデザインをおこなうにあたっては、初歩の初歩だけど、

@ITの記事にも掲載されていたので、自分自身でまとめてみた。

 

CSS(Cascading Style Sheets )を使用して、Webデザインを行うための

基本的であり、頻繁に利用するプロパティ(属性値)

 

10個と記述されているが、大きく分けると、たった2つ。

marginプロパティと、paddigプロパティ

 

どちらもレイアウト上の余白を設定するためのものだが、

イメージを書くと次の通り。

css.jpg

 

まず基本となる要素(例の場合、box部分の黒い線のボックス)が基準とする。

基準の要素の中に文字の情報を書き込むが、この際に、ボックスの枠線と、

文字の間に余白を取りたい場合は、Webのデザインはもとより、様々な文書を

書く際でもよくあると思う。

このときに、ボックスの要素に対して設定するプロパティが、paddingプロパティ。

 

また、ボックス要素の外側にも様々なコンテンツがあるが、それらとの間にも

余白を取りたい(距離を空けたい)場合に設定するプロパティが、marginプロパティ。

 

上記のプロパティを設定すると、上下左右の余白が同一の値に設定される(数字を

並べて個別に細かく設定することも可能)が、上下左右、それぞれ個別に設定する

ためのプロパティが、それぞれ4つ用意されている(margin-left、paddinf-bottom 等)

で、合計10個ののプロパティ。

 

ほら、簡単ですよね!!

 

具体的な使用方法については、

有名なリファレンスサイトが多くあるので、以下を参照してください。

 

marginプロパティ

paddingプロパティ

とほほのスタイルシート入門