Androidの最近の情報



発行日: 2011年1月1日

発行人: 伊藤 淳

編集人: 早坂 英之

発行所: 株式会社晋遊社

112ページ

980円(税込)

 

スマートフォンと言うと・・

永らく、Apple社のiPhoneの独占状態だったと思う。

それは昨年発売された、iPhone4の人気で確実なものに

なっていたのではないだろうか?

 

しかしながら、

2010年夏以降から年末にかけ、状況は大きく変わってきている。

まずは、ソフトバンク。

 

HTCの、Desire、Desire?で、Android2.1に対応し、

Android端末としての評判、人気も上々だったと思う。

 

そして、ソフトバンクからは立て続けに、

HTC DesireHD という、Desireのハイスペックモデルの

発売が発表される。

 

その後の流れは、多くの人の印象に残っていると思うが、

2010年冬に、AU、ソフトバンク、NTTドコモの順に、

Android端末の大量発表ラッシュとなった。

 

もちろん、iPhoneの売り上げに単独で勝てる端末はないが、

Android端末の売り上げ台数の合計は、iPhoneの売り上げ台数を

超えているとも聞いた覚えがあります。

これは、iPhone端末よりも、Android端末のユーザーが増えたことに他ならない。

 

私も、この状況を機会に、スマートフォンユーザになった一人です。

(もちろんAndroidユーザになった訳ですが・・・ softbank003SH ガラパゴス)

 

ポイント

 

実は、iOS、Android両方を体験し、

さすがに、iOSの完成度の高さには驚かされ、

そこだけ見ると、当然iOSに軍配かなと思いました。

 

ただ、システム開発に興味があるものとしては、

今後の発展性、オープンさ、コスト面を考えると、やはり、

AndroidOSであると思う。

AndroidOSもバージョン2.2になり、かなり使い勝手等の

向上がはかれているようだ。

 

今後、"アプリの開発"という視点で、

Androidについて情報の収集等おこなっていきたいと思う。

 

前置きが・・かなり長くなってしまったが、

本書は、こういった意味では、非常に有効な情報源となる。

 

現在の、アンドロイドマーケットではどのようなアプリが人気で、

どのような素晴らしい機能が実現されているのかが、カテゴリ別に

わかりやすく書かれている。

 

どのようなアプリが人気があり、今後どのようなアプリを開発し、

どのようなアプリが求められているかについての助けになると思う。

 

目次

 

◆Android Hardware 2010-2011徹底比較
Androidケータイ最新モデル完全チェック

2010 WINTER-2011 SPRING
◆現役スマートフォンスペック一覧

【Chapter1】最新ベストアプリカタログ2011
◆Android2.1&2.2App

【Chapter2】音楽・写真・動画を堪能する
◆Multimedia

【Chapter3】情報取得やコミュニケーションにフル活用
◆Internet

【Chapter4】仕事効率に差をつける有能アプリ
◆Business

【Chapter5】目的地を手軽に検索して迷わず移動
◆Navi GPS

【Chapter6】システム&設定を便利に
◆Utility

【Chapter7】バラエティに富んだユーモアアプリ
◆Others

◆Androidマーケットの基本的な使い方
◆有料アプリのダウンロード方法
◆アプリのアンインストール方法