Windowsの最近の情報



Windows 10がリリースされて、無償アップグレードを既に

終わられている人もいるかと思いますが、私はまだ会社用に

使っているアプリケーションの対応状況が不明なので自宅のPC

も様子見をしています。


無償アップグレードはタスクトレイに表示される「無償アップグレード」

アイコンよりお手軽に予約できますが、

なんと「Window 10のダウンロード」ツールを使えば、Windows 10の

インストール用メディアをUSBメモリまたは、ISOファイルとして作成

することができるのです!


せっかくなので、USBメモリへインストーラを作成してみました。

手順は以下の通りです。まずは「Window 10のダウンロード」ツール

を以下よりダウンロードして実行してください。

※32ビット版、64ビット版の2つがありますが、インストーラを作成

しているPC(作業中のPC)に合わせた方をダウンロードします。


「Window 10のダウンロード」ツール


1.ツールを起動すると直ぐにインストールするかメディアを作成するか

聞いてくるのでメディアを作成するを選択して次に進む

1.jpg


2.言語・エディションを選択、アーキテクチャを選択します。アーキテクチャは

32ビットPC用のインストーラ、64ビットPC用のインストーラ、その両方から

選択します。

2.jpg


3.作成するメディアをUSBまたはISOファイルから選択しますが、今回は

USBメディアを選択しました。

3.jpg


4.PCに接続されたUSBドライブが表示されるのでインストールするドライブを

選択します。(USBを差し忘れ、認識しない場合はUSBを正し接続し、

「ドライブの一覧を更新する」リンクをクリックします。

※因みにUSBに保存されているファイルはすべて消去されますので

ご注意ください。

4.jpg


5.ダウンロードが開始されます

5.jpg


6.引き続き、Windows10のメディアの作成が始まります

6.jpgのサムネイル画像


7.作成完了

PCをUSBブート可能な設定にして立ち上げると、

Windows 10の新規インストールが始まります。

参考:作成したメディアからブートしてパーティションにインストールする

7.jpg


Windows10が今夏7月にもリリースと言う情報が出ていますが、

Windows7以降からのWondows10へのバージョンアップが無償(※条件あり)

という点も注目です。

個人としては無償で新OSを手に入れられるのは嬉しい限りですが、

企業としてはどう対応するかはリスクを冒してまでバージョンアップ

するかどうかは難しいところだと思います。

Windows10の新機能やパフォーマンスとの兼ね合いも考えて検討が必要だと思いますが、

Windows10の新機能にはクラウドのADへのサインインの機能もあり、クライアントOSが

Windows10に統一できるならADサーバをクラウドに環境に置くという選択肢も出てきます。

その他にも、Windows10が寿命の長いOSになるかどうかも重要だと思うので、リリース後、

少し様子を見ての対応になるのかも知れません。

まとめ読み・予想されるWindows 10のリリースインパクト

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1503/20/news058.html

タブレットでの利用を強く意識させるインターフェイスの

Windows8ですが、もちろん従来のインターフェイスでの

利用も設定を変更することで可能になります。

またインターフェイスの部分のインパクトが大きすぎて

他の部分の新しい機能や改善された機能が目立たないと

思いますがパフォーマンス面の向上が結構なされている

ようです。

その中のひとつにシステムの起動時間と終了時間があります。

もともとかなり高速化されたWindows7よりもさらに高速化が

されているようです。

表題の「高速化スタートアップ」についても、どのような

仕組みで動いているかも解説されていますので、知っておく

のも良いと思います。

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1303/21/news107.html

リリース版が出てから、しばらく経ってしまっていますがまとめてみます。

 

ASP.NET MVC2

2010年3月上旬リリースされた、ASP.NET MVC1の新バージョンです。

MVC1と互換性があり、.NETフレームワーク3.5、4.0に対応だそうです。

 

Visual Studio 2010 には、標準で含まれるそうです。

Visual Studio 2008 ユーザはダウンロードしてインストールしましょう!!

ASP.NET MVC 2 RTM

※因みにRTMとは、Release to Manufacturing version(正式リリース版)

 

サンプルアプリケーションと、ソースコード

ASP.NET MVC2をインストール後、プロジェクト生成のウィザードが利用

できるようになりますが、その際に、サンプルのアプリケーションも含める

プロジェクトを選択することができたり、テストプロジェクトを含めるかも選択

できたりします。

APS.NET MVCを初めて学ぶ方や、初めて動かしてみる方にとって、

サンプルのアプリケーションは助けになると思います。

 

サンプルのアプリケーションでは、基本的な画面遷移やページのテンプレート、

データベースを利用したユーザ認証機能、バリデーションの機能といった、

Webアプリケーションで中心となる機能が簡単ではあるけれど、ひととおり

盛り込まれてます。

このサンプルアプリケーションをベースに自分のアプリを構築していけば、

理解も早まると思います。

 

また、少し複雑なことをしようとしたときや、開発中に思った通りの動作をしない

場合には、ASP.NET MVC2 では、ソースコードも公開されているので、

まだまだ日本語のドキュメントも少ない状況なので、ソースコードを直接参照

できるのは安心感があります。

 

ASP.NET MVC2 新機能・強化点

さて、ASP.NET MVC2を、ASP.NET MVC1と比較した際の新機能について

ですが、以下にポイントだけまとめておきます。

 

  • 新しい強く型付けされたHTMLヘルパー
  • サーバおよびクライアントの両方で改善されたモデル検証のサポート
  • テンプレートのカスタマイズが可能な自動スキャフォールドUIヘルパー
  • 大きなアプリケーションを"エリア"に分割するサポート
  • 長時間起動するタスクの並列稼働を可能にする非同期コントローラをサポート
  • Html.RenderActionによるページ/サイトのサブセクションの描画をサポート
  • 多くの新しいヘルパー機能、ユーティリティ、APIの改善
  • 改善されたVisual Studioツールのサポート

 

大きな強化点として個人的に注目なのは、

Areasという、アプリケーションの分割機能と、型付けされたHTMLヘルパー、

非同期コントローラといったとこでしょうか?

 

先に書いたように、残念ながら日本語のドキュメントはまだまだ充実していない

感がありますが、ASP.NET MVC1 の開発手法が大きく変わることはないので

MVC1 の情報もまだまだ生かせると思います。

 

まず、書籍。

ASP.NET MVC実践プログラミング

ASP.NET MVC 唯一の和書だと思うのですが、基本がしっかり押さえられ、

フレームワーク利用のノウハウも充実しています。

 

リンク集

連載:ASP.NET MVC入門(@IT)

もう一つのASP.NET 「ASP.NET MVC」を知る・前編、後編)(CodeZone)

ASP.NET MVC 入門 (1)~(3)

ASP.NET MVC 2(スライド)

ASP.NET MVCフレームワークの概要を理解する

 

 

 

Windows7がCMで放送され注目を浴びていますが、
IT業界で働く者にとっても、新しいOSの技術・機能を
理解し学んでいくことは大切です。

Vistaから進化した新しいユーザー・インターフェイス
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win7/04newui/04newui_01.html


特に、Windows7では、見た目はVistaと大きな違いがない印象が
あるかもしれませんが、細かなところでたくさんの部分がブラッシュ
アップされているだけでなく、機能強化、機能追加されています。

パフォーマンスもVistaよりも断然良くなって(XPと比べても遜色なくなって)
いるので、今後、XPに代わるOSとして普及が予測されるのではないでしょうか?

Windows7の特徴を少し抜粋すると、

・ジャンプリスト
・新しいタスクバー
・新しいアプリケーションの切り替え/整列
・新しいアプリケーションの最大化/最小化
・ウィンドウのスナップ/シェイク
・デスクトップの透明化
・ガジェットの自由な配置
・通知アイコンの強化/通知メッセージの共有化
・UACレベルの切り替え
・ライブラリ機能

となっています。


IT業界に視点を置くと、こういったOSの進化に、開発する
アプリケーションをどのように進化させていくか、連携させて
いくかを考え、付加価値の高い商品を生み出さないと、
どんどんと時代の波に取り残されることになります。

開発ツールのバージョンアップの中でも、こういったOSの進化に
追随する機能がたくさん盛り込まれています。

例えば、Delphiでは、Delphi2009で完全にユニコード対応になり、
ジェネリクス、無名メソッドなどの新しい言語仕様、Office2008で
採用されている新しいインターフェイスに対応した、リボンコントロール
が追加されたり、今秋発売された、Delphi2010では、Windows7の
シェイク機能を意識した、ジェスチャーコントロール(マウスの動きに
合わせてイベントを発生させる)などが導入されています。

新しい技術の全てを理解し、開発するアプリケーションに取り入れる
必要はありませんが、少なくとも、開発するアプリケーションが陳腐化
しないようにバージョンアップ、メンテナンスをおこない、いつでも、
新しい技術を取り入れられるようにスケーラビリティを確保することが
大切ではないでしょうか?

そのためにも普段からの技術力向上のための取り組みは必須です。

 

 

Windows7(ウィンドウズ・セブン)の一般発売日が日本語を含み、

2009年10月22日、14ヶ国語対応で同時発売となっている。

 

初期の開発コードネームは「Blackcomb」と呼ばれており、

のちに「Vienna」]、さらに「Windows 7」に改められている。

社内開発コード名がそのまま製品版の名称として採用された。

 

7(セブン)の由来は想像が容易かもしれないが、

Windows 1.0 / Windows 2.0 / Windows 3.x / 4.x (95, 98, 98 SE, Me)

5.x (Windows 2000, Windows XP) / 6.0 ( Windows Vista ) に続く

7番目のクライアント向けのメジャーリリースだからである。

 

しかし、Windows 7はWindows Vistaを基に改良されていることから、

バージョン番号としては、正式には6.1となっている。

Vistaと同様、Windows 7も個人向けおよび法人向けの両バージョン、そして

リテールパッケージ版には32ビットと64ビットの両バージョン同梱で出荷される。

 

今回は、Windows7購入後の環境の移行作業ついての詳細な記事が掲載されて

いたので紹介します。

 

XP/Vista→Windows 7 完全移行マニュアル

 

 残念ながら、Windows XPからWindows 7への上書きアップグレードは

サポートされていないようなので、手動による移行作業が必要になる。

 

また、Vistaからユーザ別のドキュメント等のファイルの保存場所が変更に

なっているため、いざ環境の移行作業をしようとした際に戸惑うのではない

でしょうか?

 

事前に上記の記事を読んで、概略でも理解しておきたいです。