UMLの最近の情報



 独習UML第4版

 

著者:テクノロジックアート

発行日:2009年4月9日

監修:長瀬 嘉秀・橋本 大輔

発行人:佐々木 幹夫

発行所:株式会社 翔泳社

371ページ

3,600円+税

 

ポイント

2009年10月現在で、UML学習について比較的新しい書籍です。

UML2.xについての記述も多く取り入れられています。

UMLが取り上げられてからかなりの時間が経っていますが、UMLと

いう言葉や、UMLについてある程度の知識を持った技術者は多いと

思いますが実際の開発の現場で利用している、活用できている方は

少ないのではないでしょうか?

 

私の考えでは、実際にUMLを使用しなかったとしても、UMLの内容を

理解し、習得することで、システム設計の手法や、オブジェクト指向に

対する理解など、システム開発に関する多くのことが学べスキルアップ

できることは間違いないです。もちろん実際にUMLを使用した開発にも

役立ちますし、自らUMLでの設計を取り入れた開発にチャレンジする

のも良いと思います。

 

全てではなくとも、ユースケース図、クラス図、シーケンス図など、

部分的にドキュメントとして作成し活用できるのもUMLの特徴です。

 

この書籍では、第1部で、基礎知識(各図の書き方、活用方法、

UML2.xでの変更点)が簡潔にまとめられており、初心者にも

十分理解できる内容になっています。

また、UMLを業務で活用したいと考えている方には、第2部の

"UMLの適用"がとても役立ちます。

実際に仮想のシステムの開発というストーリーで、分析から、

設計、展開まで現場目線で詳細に解説されていますので、

どのようにUMLを実際の現場で利用するかよく分かっていない

場合の参考になるでしょう。

 

内容

UML2.x準拠「はじめての学習」にも、「体系立った習得」にも最適!!

信頼の定番メソッド+詳説で基礎から実践まで徹底理解!!

3ステップだからよく分かる(1.解説 2.例文 3.練習問題)

 

UML(Unified Modeling Languageとは、システムモデルの表記法です。

本書は、UML2.xの基礎概念と実践的な運用方法を無理なく身に付つける

ことができる構成になっています。

 

ステップ1 丁寧な解説で、1人でもスイスイ学習

UMLの基礎からオブジェクト指向の考え方、各種図形の描画方法、実務での

活用方法に至るまで、初学者の観点からていねいに解説しているため、途中

でつまづくことなく学習することができます。

 

ステップ2 章末の「理解度チェック」で学習内容を確認

各章の最後に「理解度チェック」を収録。「どこで」「なにが」理解できなかった

かを明らかにし、弱点を克服することができます。

 

ステップ3 付属CD-ROMのツールで実力をつける

コンポジット構造図やタイミング図、相互作用概要図といった、UML2.0

以降に追加されたダイアグラムなどに対応したパターンウィーバー2.3

CE版で、学習の成果を活かして図形を描画することができます。

 

目次

第1部 UMLの基礎知識

  • 第1章 UMLとは
  • 第2章 オブジェクト指向とは
  • 第3章 ユースケース図
  • 第4章 オブジェクト図
  • 第5章 クラス図
  • 第6章 コンポジット構成図
  • 第7章 コンポーネント図
  • 第8章 シーケンス図
  • 第9章 コミュニケーション図
  • 第10章 タイミング図
  • 第11章 相互作用概要図
  • 第12章 ステートマシン図
  • 第13章 アクティビティ図
  • 第14章 配置図
  • 第15章 パッケージ図
  • 第16章 UMLの基礎概念

第2部 UMLの適用

  • 第17章 現状業務(AsIs)の分析
  • 第18章 現状業務の改善(ToBe)
  • 第19章 要求分析
  • 第20章 システム分析
  • 第21章 システム設計(システム全体の俯瞰とアーキテクチャの決定)
  • 第22章 システム設計(ユースケースの実現)
  • 第23章 システム設計(システム全体の構造決定)
  • 第24章 プラットフォームへの展開

付録

  • 理解度チェック解答集
  • パターンウィーバーについて

 

 ※UMLの概要だけを理解したいのであれば、類似のこちらの

書籍も良いのではないでしょうか?価格も安めです。