Cakeの最近の情報



私はPHPをメインでは利用していないのですが、CakePHPフレームワークが

そこそこ評判が良いようなので、いろいろと使っていこうと思ってます。

*CakePHPについては...こちらを参照

 

CakePHPを選択した理由としては、

  • PHPを利用できる環境がレンタルサーバなどで豊富
  • とりあえずのセットアップが超簡単
  • RubyOnRailsフレームワークの影響を受け機能的にも十分

 

など他にもたくさん挙げられます。

 

個人的には、Web開発ではJavaでTomcatを利用していたので、

PHPであれば、symfonyがその流れを汲むのだが、symfonyは、

まだ、CakePHPほどの勢いはないかなぁという感じです。

 

(特にビジネスとしての)開発をおこなう場合には、開発環境の整備が重要

になると思います。スキルにばらつきのあるプロジェクトチームでは、開発環境

を整備することで、生産性の飛躍的な向上はもちろん、開発工程の標準化、

チーム開発での作業の統一化も図れます。

 

そこで、ビジネスでの利用も想定にしたうえで、以下のように

PHPの開発環境を整備していきたいと思います。

  • 統合開発環境(IDE)を利用する
  • 日本語の環境で利用できる
  • IDEでテスト(デバッグ)ができる
  • フレームワーク(CakePHP)と連携ができる
  • ソース管理(チームでの共有)ができる
  • データソースの管理ができる

 

今回はまず、

統合開発環境(IDE)の準備と、日本語化までを説明します。

 

1.統合開発環境(IDE)

  もちろんPHPの統合開発環境も様々なものが存在します。

  有料の、ZendStudio、VS.PHP、Delphi for PHPなどをはじめ、

  Eclipse環境で利用できる、PDT、PHPEclipse、TruStudio、etc

  ⇒無料で利用でき、スタンダードになりつつあるPDTを選択します。

 

  PDTは、"PHP Dvelopment Toolkit " の略です。

  その名の通り、PHPの開発に特化した環境になっています。

  上記、サイトより"Download"を選択し、"PDT 2.0.1 All In Ones"から

  Windows、Linux、MacOSを選択します(2009年6月19日現在の最新版)

  ⇒PDTをまだインストールしていない場合は、既に日本語化済のPDTが、

   ダウンロードできます(2.を参照)

 

  Eclipseと同様、インストールといった特別な作業は必要なく、解凍して任意

  の場所にコピーするだけでセッティングは完了です。

  eclipseフォルダの、eclipse.exeを起動するだけです(Windows環境の場合)

  PDTのバージョンは、2.0.1

  Eclipsのバージョンは、3.4.1 となっています。

 

  起動すると、PHPのプロジェクト作成機能や、PHPファイルのコード補完機能、

  Web開発(HTML,CSS、XML)等の開発がすぐにできるような設定になって

  います。

 

2.PDT開発環境の日本語化

  Pleiades(プレアデス)という日本語化プラグインを適用します。

  手順は至ってシンプルで簡単です。

  MergeDoc Project よりプラグインをダウンロードします。

  ※このサイトでは、PDT+Pleiadesが一体化になった、All in Oneモジュールも

  ダウンロードできるようにもなっています(Windowsのみ対応) 

  

  個別にPleiadesだけをダウンロードする場合は、"Pleiades 本体ダウンロード"

  より安定版をダウンロードします(2009年6月19日現在の安定板 1.3.0)

 

  インストール手順は、まずダウンロードしたファイルを解凍し、featuresフォルダと、

  pluginsフォルダを、eclipse(PDT)フォルダに上書き。

 

  その後は、readmeフォルダを参照すれば、手順が詳しく書かれています。

  まず、eclipse.iniの最後に、次の行を追加。

  -javaagent:plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar

 

  次に、"eclipse.exe -clean.cmd"ファイルをeclipseフォルダにコピーし、

  ダブルクリックして実行します(Windows環境)

  ⇒これだけでメニュー等、日本語化されています。

  

  また、Pleiadesのスプラッシュを使用する場合は、eclipse.ini内の、

  -showsplash ?

  の部分を削除します。

 

  以上で、まずは統合開発環境(IDE)のセットアップと、日本語化部分が

  完了しました。

 

20090620.jpg

 

  次回は、統合開発環境上での、PHPファイルのデバッグと、CakePHP

  フレームワークの設定・動作確認・デバッグ部分を設定します。